目

白内障と緑内障について知って失明を回避【目を守る知識】

飛蚊症の治療方法

眼

飛蚊症は基本的に黒い点や半透明の浮遊物が目に見えてしまうという症状が表れますが大きな問題になるほど深刻な病ではないので落ち着いて病院を受診して医師のアドバイスなどを聞きましょう。

この記事を読む

眼病を知ろう。

看護師

白内障の症状を知る。

白内障の症状を知る。
白内障や緑内障という病気の名前を知っている方は少ないでしょう。しかし、知っておかなければ適切な処置を行なうことが出来ずに多くの問題を抱えてしまうことになるので注意しましょう。まずは白内障について知っていきましょう。白内障は正常な際の鮮やかな色合いがぼやけて見えにくくなってしまう病気として知られています。初期段階では殆ど症状を自覚することは出来ませんが進行していくとどんどん目のかすれやぼやけなどの症状が悪化してしまいます。また、遠くが見えにくくなってしまうという症状もあるので近視などの症状が進行したと感じる方も多いようです。このような症状は水晶体などが濁ってしまうことによって発生するため症状が進むと黒目の部分にある水晶体が白っぽく見えてくるのです。

緑内障を知る。

白内障と名前は非常に似ている緑内障ですが、原因や症状は大きく異なってきます。まず、緑内障とは視神経の異常が原因で発生する病気とされています。目で見た情報が脳でしっかり認識出来ないという状態になってしまうので視野や視力に支障をきたしてしまう病気となっています。現在の日本では失明率が最も高い病気となっているので視界に何かしらの異常が発生した場合などは注意が必要です。緑内障の場合は慢性と急性という分類があり、慢性の場合は初期の段階で視界の異常に気がつかない場合も多いので注意しましょう。まず、緑内障の場合は視野欠損が主な症状となってきます。私達人間の視覚は両目を使用しているため、片方で見えない部分があるともう一つの目が視野を自然と広げて視野が狭くなってしまうのをカバーしてくれるので視覚の異常はある程度症状が進行しなければ気が付けない場合が高いのです。慢性の場合は安定して利用する慢性の中期になると初期段階では気づきにくかった暗点の広がりに気づく方も増えてきますが、暗点に気がつかない方もいるようです。後期になってしまうともう通常の視界の3分の1程度しかものを見ることが出来ない状態となってしまうので注意が必要になってきます。これらの視野に関する障害が起こってしまうのは眼圧と関係してきます。眼圧が高くなると硝子体から外に向かって圧がかかってしまいます。そうすると脳と目を繋いで映像を映し出すために重要な役割を行なっている視神経が圧迫されて正しく映像を伝えることが出来なくなってしまうので注意が必要です。急性緑内障の場合は短期間で眼圧が上昇するのが特徴で、慢性の時には表れなかった目の充血や眼痛、頭痛などが表れるので非常に発見しやすくなっています。このように、目に関係する病気は機能の低下をカバーしようとすることから様発見が難しくなるので日頃から見え方などに注意しましょう。

治療方法の違い

先生

白内障の場合は手術によって根本治療が可能となっていますが、緑内障の場合は進行を遅らせる薬物療法などを用いることが多いようです。同じ様な眼病でも原因や症状によって治療方法が大きく変わってきます。

この記事を読む

飛蚊症を伴う眼病を知る

病院

どのような病気も早期発見が非常に重要になってきますが、飛蚊症などを引き起こすことで代表的な眼病である網膜剥離は最悪の場合失明してしまう可能性もあるので早めに発見することが求められます。

この記事を読む

Copyright© 2015 白内障と緑内障について知って失明を回避【目を守る知識】All Rights Reserved.